長州地どりとは

適度な歯ごたえと底味・濃厚な旨み

長州地どりは「適度な歯ごたえと底味・濃厚な旨み」が特徴の山口県産「地鶏」です。
孵化から80日以上飼育という「長期間飼育」により肉に底味と旨みが凝縮され、鶏舎内を自由に動き回ることができる「平飼い」、なおかつ1m2当たり10羽以下という「低密度で飼育」することで、適度に引き締まった肉質を実現させることができました。

適度な歯ごたえと底味・濃厚な旨みイメージ

安心・安全な鶏

食は人の生活に密着した要素です。食が「安心・安全」であることは絶対条件であり、それは人々の豊かな生活を支えることに繋がっています。私たちは食品を提供する組織として、常に「安心・安全」というテーマを追い続けています。
長州地どりでは「薬品の残留が無い、安心して食べることができる鶏肉」を目指して、「抗生物質・合成抗菌剤を一切飼料に添加しない」深川養鶏独自の飼料を与えています。この飼料をひなの状態から成鳥になるまで「全期間」通して与えることにより、「薬品の残留が無い、安心して食べることができる鶏肉」を提供できるようになっています。

三種のハーブと飼料米をブレンドした飼料

長州地どりに与える飼料は抗生物質・合成抗菌剤無添加という特徴だけではありません。健康的な鶏を育てるため、「三種のハーブをブレンド」しています。
鶏は繊細な生き物なので、病気に対して抵抗力の向上が期待できる抗生物質・合成抗菌剤を与えずに育てるためには、健康で病気に強い鶏を育てる環境を用意しなければなりません。そこで、深川養鶏が注目したのが薬効があるといわれているハーブでした。
長州地どりの飼料には「3種のハーブ」(タイム、セージ、ローズマリー)をブレンドしており、鶏が健康に育つ環境を手助けすると共に、肉の風味を良くすることにも期待をしています。

また、長州地どりの飼料には「地域で生産された飼料米」もブレンドされています。
飼料米は飼料に添加するほど鶏肉の脂肪に含まれるリノール酸が減少し、オレイオン酸が増加する傾向にあると言われています。この、大地の恵みともいえる飼料米をブレンドすることにより、長州地どりの肉質向上だけでなく、地域に根ざした事業を展開する「農業協同組合」として、地域の農業を維持したいと考えています。
※参考資料 山口県農林総合技術センター 飼料用米の栽培・給与マニュアルより

三種のハーブと飼料米をブレンドした飼料イメージ

大自然の中で育成

長州地どりの生産地は、海と山に囲まれ大自然の恵みを堪能できる山口県長門市近郊です。
この農業に最適な自然環境のなかで、鶏舎の中を自由に動き回り、ストレスを与えにくい「平飼い」でゆとりをもって長州地どりは育成されています。この長門市は中国山脈に囲まれ周辺地域と隔離された環境に置かれた地域で、同業他社が進出していないことも手伝い、深川養鶏独自の生産及び防疫体制が構築されています。

大自然の中で育成イメージ

生産者と密な連携

長州地どりは安定した品質と生産を維持するため、生産者と密接に連携して鶏の育成をサポートする、生産専門の部署を設けています。
鶏は生き物ですから、日夜変わる環境に素早く対応をし、最適な飼育環境を維持し続ける必要があります。そこで、最適な鶏の飼育をサポートするため、生産専門の部署が生産者と連携して飼育環境の最適化に取組んでいます。この連携により、長州地どりは適切な環境の元、安定した品質を維持し続けています。

生産者と密な連携イメージ
戻る